スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯を修理する

昨日の記事にありましたが、おばあちゃんからの形見分けでは
けっこういろいろキモノ関連はもらったのですけどね
その中に、可愛らしい柄の帯があったのですよん
あまり使用感もなくて、綺麗なんですが・・・・
タレのところに、煙草が当たったらしいこげ穴が開いてるんです
こげあと
1cmくらいですかね~
かけはぎに出しても良いのですけど、すご~く高いし
そこで自分で何とかしちゃおうと思っちゃったのですよん

どうしたものかと考え、ちょこっとほどいて縫い代から少し生地をいただき
こげあとに貼り付け、その上から糸でチェーンステッチをしちゃいました
ハートステッチ
何気にハートです。小さい蝶とかのアップリケがあったらつけたいのですけどね
それまではこれでいいかな~

修正帯
微妙に見えるんですけど、気にしない、気にしない・・・・

明日は、しぶ~いろうけつ染めの羽織の裄だししなくちゃ~~

こんな荒療治野郎ですが、ブログランキングに参加しています
順番にポチッとクリックお願いします~~



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつか、いただき~

さすが!yuriさん。
いくつも刺しゅうしたらそういう模様の帯にみえますよね。
シミとか穴とかあった時には使わせていただきま~す。
チェーンステッチなのにすごく可愛いし~。

冬桃さん

いつか、いただいて~~(笑)

冬桃さんと行った文化服装学院の
世界の刺繍展みたいなヤツにあったのを思い出して
とりあえず、へたくそな刺繍でもなんとかなる
チェーンステッチにしてみましたよ
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。