スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誂え~♪

強烈に急がせて、2週間弱で仕立ててもらった着物と羽織が届いた~~♪

去年買った反物、たぶん今くらいの時期に買ったような気がする?
やっと仕立てに出したのだけど
なんちゃって結城だ、本場結城紬ではないですよ
民芸紬の結城なのでお安いですよん
なんちゃって結城
黒地に赤糸の十字絣と亀甲絣の縞です
この反物、地入れをしてなかったので一緒にしてもらったのですが
すご~くやわらかい着物になって戻って着ました
ほんとトロンとした感じですね~
そして、またも懲りずに八掛を柄物にしちゃいました。
なんちゃって結城2
けっこう大きめの桜柄です。
桜だから、時期選ぶかな~とも思ったけど
裏地だし、冬桜ってもあるし
裏地ということで、そっと春を待つ気持ちと勝手に解釈しちゃいましたわ
それに、最近じゃ桜は日本の花木なのでいつでも良いとも言いますしね~

お次は羽織
これは去年なくなった親戚のおばあちゃんの形見分けを
洗い張りして羽織にしてもらいました
麻の葉歌舞伎羽織
抹茶色というか、なんともいえない緑色の麻の葉柄の紬です
これがまたとってもやわらかいです~
おばあちゃん、この着物きっと好きだったようでシミもけっこうありましたけど
もう、消えないかもというのもあったようですが綺麗に羽織になって戻ってきました
羽裏はかなりこだわって、探しまくり見つけたのが歌舞伎柄のちょっと粋な感じですね
歌舞伎羽裏
表地との色の兼ね合いもバッチリで、とっても素敵な羽織になりました~
これはかなり嬉しいです
それに合わせやすそうですし~~

早く着て出かけたいな~~


ブログランキングに参加しています
ポチッとクリックお願いします~~



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

桜の八かけといい、歌舞伎の羽裏といい、まぁ~なんとyuriさんらしいこと。
おばあちゃんの羽織も、いいかんじねぇ。こうして見ると、手元に置くものって自分らしさが出るね。

だりあさん

私らしい~♪
確かにそうかも(笑)

おばあちゃんの羽織いい感じでしょ~~
この着物は、処分寸前を助け出したのよ~

着物ってなかなか処分できないですよね
お婆ちゃんの着物もまだたくさん眠っています
大工仕事より 着物のリホーム教室にでも行こうかしら・・・

クロはちさま

着物はリフォームして洋服にするか
仕立て直しして、着物か帯か羽織とかバッグとか
草履にするとか、オークションに出して
売ってしまうとか、リサイクルきもの屋さんへ
持って行って、販売委託するか売るか
着る人に、あげてしまうかですよね~

箪笥の肥やしにしといても、着物はアクが出てしまったりするので、早めにどうにかした方が良いのかも

嬉しいですね!

蘇っていく着物って本当に嬉しいですよね!
この羽織と同じ色味の祖母の道行きがあるのですが小さいんです。かといってハサミを入れる気にもならなくて時々着ているんですけど。

八掛が柄というのに今とても憧れます。いいなぁ~。

chisato♪琴里さん

道行はどうなんでしょ?
ある程度の直しはできると思うのですが?

柄八掛使うのこれで3本目です~(笑)
紬だと、ついつい柄八掛にしたくなっちゃいます
特に表地が、地味だと特に
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。