スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気が良いので・・・・

天気がよいので、なんとなく元気かな
捨てちまおうモードに突入かと思われた本日ですが
午前中用事を思い出し買い物へ行ってしまったので
今日は捨てちまおう作戦はおあずけでございます。

そうそう、話は変りますが
案外ミーハーなところがある私ですが、アカデミーショー
外国語映画賞でしたっけを取った「おくりびと」
しっかりDVD予約しましてね、昨日届きまして夜みましたわ。
おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る

見てない方もいると思うので、深くは書きませんが
とてもよい映画でしたね。
所作も美しく、流れるようでした。
ほろりとするところあり、笑いありでした
身内とかの納棺を経験したことある方は、感慨深いものがあるかもしれないです。
私は納棺は、叔父、祖母、父で経験しました。
叔父のときは、私は若かったので言われるまま終わってしまいました
祖母のときは、しっかり覚えています。
身体を拭いてあげ、私は足袋を履かせてあげました。
そして、三文銭でしたっけ小さい今風でいうとポシェットみたいな白い袋に
三文銭が印刷された紙を入れて持たせました。
納棺士の方に、「なんで三文銭を持たせるのですか」と聞いてみたのを思い出しました
三途の川の渡り賃だといわれました。
そのときその場にいた身内は「あの世に行くにも金がかかるんだね~」と
笑ったのを覚えています。
祖母は亡くなってしまったのですが、不思議に人は笑えるもんです。

父の時の納棺は、ほとんど覚えていません
ワタクシ、ファザコンだったもので父が亡くなったときのこととか
お通夜、お葬式あまり覚えていないんです。ず~と呆然としていたのだと思うんですよね~

最近、日本映画のDVDを見ることが多いのですが
なかなか良い映画がありますね。
おくりびとは、なるほど日本人がみても厳粛な日本ならではと思わせる事柄なので
外国人は不思議な世界かもしれないですが、
でも死に対して日本人の捉え方、死者に対しての敬意とかは伝わった結果なのかなと思いましたね。

と、ちと長くなりましたね(笑)

本日、もっと長いですよ

買い物ついでに、ホームセンターへ寄って
サニーレタスの苗を買ってきました。
月曜日に「おもいっきりイイテレビ」で水耕栽培やっていたんですよ
それを実行したくなったのでありますよ

本当は、レタスと小松菜かほうれん草が欲しかったのですけど
レタスしかなくて・・・・
そこで、生協で食材買っていたら根付きの小松菜があったので
それで実験することに(笑)
水耕栽培
ビンは捨てようと思っていた、インスタントコーヒーの空き瓶でっす
左がサニーレタス、右が実験小松菜でっす。。
成功したら、もうちっと良い入れ物に変えようと思っとります。
これなら、イタリアンパセリとかバジルとかも出来そうですよね~



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

水耕栽培、いいなぁっておもってました。これって、蓋に穴あけてるの?
壜の下のコースター?も、かわいいね。

だりあさん

フタに穴開けましたよ~
なかなか硬くてたいへんでした

コースターは、数年前にレース編みしたんですが
もったいなくてコースターとしては使えません(^_^;)

久々のヒット映画でした

「おくりびと」観ました~

ふだん邦画を観に、映画館まで足を運ばないんです。
が、期待が見事に裏切られました。映像もキレイだったし、モックン(古)が惚れた原作だけありました。

日本ならではの厳かで繊細なセレモニーという感じで、世界にも誇れるなぁと思った映画でした(^-^)

マユさん

おくりびと観られたんですね

とてもよい映画でしたね

セレモニー的なことは世界各国ならでははあると思うんですよ
私は、納棺士や火葬場のひとの死者への敬意を払う姿勢にとてもよい感動をしました。
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。