スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと読めた(画像追加した23時30分)

寝る前にちょっとづつ読んでいた京極夏彦の本
本日やっと完読しました~~
読んでいたのは「姑獲鳥(ウブメ)の夏」
分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上 (講談社文庫)分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上 (講談社文庫)
(2005/04/17)
京極 夏彦

商品詳細を見る

古本屋さんで見つけて、分冊しているほうを購入
いつもの私であるならば、分冊されているものは本が増えるから買いたくないのだけど
今回は、1冊にまとまっているものは漢字にルビがなかった。。。
この京極さんの文章、とっても難しい漢字満載なのだ
分冊版は、ちゃんとルビあったんです~~

さて、この本はデビュー作らしいのだ。
この人の本は好き嫌いがはっきり分かれそうですね
なにせ、宗教用語もでてくるし、妖怪のことも出てくるし
登場人物たくさんだし、理屈っぽいし、おどろおどろしい感じなんですね~~
私はというと、とっても好きです、この手の難解な小説って(笑)

内容は、簡単に言うと多重人格の人が殺人を犯していた
その原因が、末代からの呪いを継承したというか・・・・
それを、超能力らしきものをもった者、陰陽師のような者(その他諸々)が
真相を解明していく物語、最後は呪われた家系の人々は死んでしまうんですけどね
けっこう、情景を想像して読むとおどろおどろしいですね
でも、面白かったです。これは映画にもなっていたので
早くDVDがみたいですね、どんな風に映像化されているのか?

寝間の本だったのですが、下巻から面白くなって
昼間も読んでいました。
本を読んだり、創作をしたりしてましたけど
大きなものは作っていませんけどね
今もまたもシュシュを作っていますが・・・・
シュシュ作成中
このところどっぷりビーズクロシェにはまっています。
そして、ビーズクロシェをしているとかぎ針編みがとっても楽しくなってきました~
シュシュが完成したら、レース編みで少し大きなものを作ってみようかな~という気にもなってきました。
編み物は嫌いだったのに、かぎ針限定ですが好きになってしまったようです(笑)。




にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

目で見たら

すごいなぁ。粒の大きなのが混ざるっていうことは、
一粒数え間違いしたら、大変なことになりそうだね。
あたしは、数数える方がダメかも……。

うぶめは、途中で眠たくなりつつ、あやふやになりつつ読みました。
映像で楽しみ直したいな。この量を二度目を読む元気は、今はもうない(涙)

だりあさん

そう、粒の数間違うとやり直すかごまかすかだね
これも間違えた箇所があるのだけど、けっこう一粒くらいだとわからないから平気だった。
大きいスワロじゃなくてよかったわ~~

本読んだら、映像見たくなるよね~
でもさ、内容が内容だけにどんな映像になっているんと思うところもありよね~~
京極本は、他も読みたくなったわ~
私はね、小説は長編だと俄然読む気になるタイプなんだよ(笑)
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。