スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりの帯製作~?

裁断までしていたにもかかわらず、2年もほっておいた作り帯
やっと仕上げました~~(笑)
この生地とであったのは、今や着物本世界ではかなり有名人の
君野倫子さんとの出会いですな。
倫子さんの手ぬぐい本の小物制作を急遽頼まれて、お宅に行ったときに
倫子さんがしてらした作り帯なんですよ~
いい柄だな~と思っていて、それから1年後くらいにたまたま行った
隣町のイトーヨーカドーの生地売り場にその生地発見
即買いしてきましたとも、帯にするのは決まっていたのですが
なかなか手を出さなかったんです。
それを、やっとこ重い腰を上げて裁断までしてあったんです。
これまた、そこまでしたのに縫うことをしないでほっておいたんです(笑)

このたび、やっとこ仕上げました~~(爆)
洋裁帯
洋裁アイテムがプリントされた帆布です
このままの柄でもOKですが、作り帯のいいところは
こんな感じにも出来るのだ~
洋裁帯水玉
裏地の水玉を手とたれに見せてみる

木綿なんで真夏以外は出来ますね、自分が仕上げなかっただけなんですが
思い入れのある生地なので仕上げることが出来てよかったわ~

今日は、もう1本作りましたよ
もう1本は半幅帯でっす。
リバなのでどちらが表と言うのもないのですが
あえて、アンティークローズ柄を表としましょ
クラシックローズ帯
この生地たちは2枚とも去年買ったもの
紺地にハートの柄は地元の生地屋さんで
アンティークローズ柄は、ヤフオクで手に入れたアメリカンコットン
アンティークローズ柄は、90cmくらいしかなかったし
幅も103cmだったので、最初から半幅にと思ってました
作り帯も出来るのですが、この柄は半幅のほうが使うと思ったのでした
薄い黄緑の絞りみたいなろうけつ染めみたいな地に
黒でアンティークローズが描かれています、薔薇のお花はオレンジと青とシルエットですね
この生地、案外難もので布を綺麗に通すことが織り不良で難しかったので
微妙に布の縦が通ってないのですが、そこはアイロンで脅威のごまかし術を使ってます(笑)
接ぎもたくさんあるのですが、柄のおかげかわかりづらいかな~~

この帯、両面インパクトが強い柄なんですが
強い柄どうしで、紙風船結びしたらどんなになるかな~と
ちょっと試してみました。
アンティークローズ帯紙風船結び
きゃ~、なんかうるさい感じ~~
でも嫌いじゃないな、このうるささ(爆)


2本の帯とも、芯にはキャラコをつかいました
なかなか硬さがいい感じになりました~~、特に半幅はすこしやわらかめで
締めやすいかも、、私流はこれからキャラコにしよう~~


ブログランキングに参加しています
およそ、4年ちかくかかって仕上げたソーイング柄帯完成と
紙風船結びにしたら、ちょっとうるさい半幅帯。
嫌いじゃないわよと思ったらポチポチッとお願いします~~


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カワエエ~

思わず画面に目が釘付けになりましたv-9
洋裁アイテムもアンティークローズもツボですv-218
意外性があって面白いですね♪

マユさん

最近は、この手の柄の帯とか多いのですよ
着物でも、えっ!っていう柄があったりします。
だいぶ、身近なものになってきました~~

ちょっと前は、着るのに勇気がいる柄でも
今時は楽しめるようになってきましたのが
嬉しい限りです。

きゃ~最高にかわいい!!上の帯、違うとこでみましたね。確か。型?
そうですか、そういう帯だったんですね。帯に仕上がって良かったです(笑)かわいい。
で、下の帯、も~とってもいいです。こういうの大好き。着物の、柄オン柄、私なんかはまだなれませんが醍醐味ですよね。素敵です!

洋裁アイティム柄の帯、yuriさんらしい!
ぜひこれをしめてお出かけください。
こういった布との出会いはめったに無い。
「あ!」と思ったときに買っておいたほうがいいですよね。
なんて言って、こんな調子で布コレばかりしてるコロ助でした(汗)

だりあさん

可愛いでしょ~~♪
この柄の作り帯は、倫子さんの「平成着物図鑑」にも載っていたような気がする?

下の半幅は、作ったときになんとなく「だりあさん、好きそうだな~」と思ってました。
裏の紺地にハートは、去年だりあさんがワンピース作ったときに一緒に買った布ですよ~

CORO助さん

もろに私が好きそうでしょ~(笑)
これに似た感じの布で、キッチンアイテムのを
本日見つけちゃって買ってしまいました。(爆)
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。