スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリメッコ生地と刺繍本

こぎん刺しもスウェーデン刺繍も、とっても糸を使う
今日も途中で在庫切れたので、買いに行ってしまった・・・・

今日は頼んでおいた生地と本が届いた。
本は、私が生まれた頃くらいのスウェーデン刺繍の本
当時はスエーデン刺繍となってますね
最近の本とは違い、刺繍アイテムがブラウスとか着物まであった
みているだけで面白い、図案は最近のものとあまり変らないのだけど
すごく面白いものもあったわ

スウェーデン刺繍の訪問着なんてあったりして(笑)
昔は今より着物文化も自由だったのかな~~

マリメッコの生地と刺繍本

生地は、マリメッコのグラスやカップのプリント生地でっす
マリメッコが特別好きと言うわけではないのですが、珍しく柄がいいなと思った生地でした
それにしても高い、高すぎる。
どちらかというと、安くて柄が良い生地を求めて彷徨う私にしたら
今回の生地は、清水の舞台から飛び降りちゃったって感じですよ
きっと、次はないと思いますわ(笑)
この生地は作り帯にする予定。。

ただね~、この生地 麻綿なのですが割合が麻が多いもので
ちょっと質感が夏っぽいのよね~、地色がスノーホワイトか?というくらい白だし
まぁ、洋生地なんで気にしなきゃいっか~~~。。

明日もきっと生地が届くわ~
来月は、ちょっと洋裁強化月間にしなくちゃな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

現代の生地なのに 何ともレトロちっくなとこが好いですね~。
本の方は、昭和な香が致しますね。
生地がどんなモノに変身するのか、楽しみです~♪

nao-ya様~

そうなんですよね~、北欧生地って
なんとなくレトロっぽいんですよ
きっと、昭和の30年代40年代ミッドセンチュリーが
流行っていたのがあるからなんでしょうね~
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。