スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一安心

木村拓也が起用されているタマホームのCM
ディープパープルの曲にのって、流れているタマホ~ム♪が
どうしてもゾマホ~ン♪と聞こえてしまいます。。(笑)

今日は旦那が年に一度の胃と大腸の検査の日
毎年この時期のこの定期検査のときは、ドキドキします

昨夜から食事制限して、お腹の中のもを全部出さなくてはいけないので
大変なんだよね~
今朝は8時過ぎに病院へ行き、液体の下剤を2リットル飲んで
スッキリお腹が空っぽになるまで病院で待機なんですが
帰ってこれたのは、15時過ぎ~
それまで、もちろん食事は摂れませんのですよ。
結果は、今回は異常なし

ただし、慢性胃炎があるので癌化しないように毎年様子見ます
大腸も、4年前くらいに初期の大腸癌が見つかっているので毎年様子見ます
去年は、大腸は癌化しそうなポリープ見つかったので取りましたしね
1年おきに何かしら取っていますね~、、まっ、今年は何もなくてよかったですわ

話は変りますが、私と足袋作りのお話など
最近は作ってませんが、数年前は足袋作りがマイブームでした
昔作った足袋

まだ、オカダヤにも足袋の型紙がないときで
型紙を探しまくって取り寄せて作りました。

それにしても、なぜに足袋を作ろうと思ったのか
柄の足袋に憧れて、でもお高いのですよね~
そこで作ろうと思ったのです。
今はもうありませんが最初に作ったのは、
泥棒唐草の足袋
この泥棒唐草の足袋ですね~
これを履くと、まるでくノ一?泥棒だから女ネズミ小僧?みたいだったですよ(笑)

最近では足袋を作る人も増えて、コハゼも簡単に手に入るようになりました
私が作っていた頃は、コハゼが売ってなくてスナップ留めにしたりしました。
なにしろ、このころは毎日足袋作ってました多いときで1日3足ほど作ったりしました

ある日、母に足袋を作ったと見せたことがあります
そしたら母の口から出たのは「血かねぇ~~」と
そして、その足袋を履いて叔母のところへ行ったときにも叔母から「血筋だね~」と・・・?
母と叔母がなぜか嬉しそうに笑ってまして??
あまりにニヤニヤしているので、詳しく聞いてみましたところ
叔母の口から、家は昔、足袋屋だったんだよ~と
祖母が生きていた頃は、足袋つくりの道具や型紙があったそうで
つい最近処分してしまったとか、とっておけばよかったね~~

私は「えぇ~そーなの~?型紙欲しかった~」と、それにしても足袋屋さんだったとは
私の曽祖父が長野から神奈川に出てきて、今の地元で足袋屋を始めたんだそうです
関東大震災の時に、家の足袋屋があった商店街は焼けてしまったのだそうです
そして、なんとか少しだけの型紙と道具を持ち出せたのですが後に足袋屋を復興することは
なかったようです。
ついでに言いますと、私は長野の安曇野あたりが強烈に好きでよく行っていたんです
なんだかあの土地に行くと安心する感じがしていたんですが、これも血ですかね~
曽祖父は、安曇野に近いところの出身だと数年後明らかになりました

かん太郎爺さん、どうも曾孫の私はあなたの血が濃いようですよ(笑)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!(。・▽・)ノ
最初に、ご主人、異常なくてよかったですね^^

血筋、関心して読ませていただきました。yuriさんがお着物がお好きなのも
足袋とつながりがあるのでしょうかv-221

私の先祖は長野の出身、武田信玄に敗れて江戸へ落ちてきたようです。
yuriさんとお知り合いになれたのも長野の縁でしょうか^^

(゚+。(o'д'ノノ゙☆パチパチパチ。+゚)

あさがおさん

ありがとうございます。
ほんと異常がなくて良かったです
毎年、定期検査のときはドキドキします。。

着物好きなのはどうなんでしょうか?
祖母は着物をいつも着ている人でしたけど
考えてみると着物は子供の頃から好きだったように思います

あさがおさんの御先祖は長野ですか~
曽祖父は長野出身ですが、今は長野に親戚はいないんです
でも、後輩が長野の安曇野でガラス工芸作家をしてます。

No title

だんなさん、異常なしで良かった良かった♪

で、
やっぱり、そのかん太郎爺さんも、
不思議ちゃんだったのでしょうかねぇ・・・(笑)

と、感慨深いお話を台無しにしてすまん(汗)

りお

あんがと。

かん太郎爺さん、どうだったのかね~?
でもさ、なんで足袋屋になったのかは不明なんだよ~
きっと不思議ちゃんだったような気もするね~
会ったことないからね~
曾祖母は、すごく綺麗なばあさんだったで粋な人だったのは覚えてるわ~
よく浅田飴と5円をくれたわ。。

No title

だんな様、よかったです。
自分はするの忘れてて、よその人の検査にドキドキです。
足袋屋さんだったんですね。ドラえもんの足袋はくのもったいないけど、マニアックな方欲しいだろうなぁ。道具が残ってたらよかったのにね。
私もお爺ちゃんあたりの話を聞くと身近だけど、も一つ上の代は聞いてません。
浅田飴と5円。いいなぁ。うちはおばあちゃんは、いつもかっぱえびせんとカンロ飴くれたなぁ。

だりあさん

ありがとう、旦那の検査は毎年のことなので
毎年、毎年、こっちも胃が痛くなります(笑)

はいっ、足袋屋さんだったのですよ
初めて聞いた時はほんとうにびっくりしましたよ~
浅田飴、子供にはけっこうきつかったですね~
とくにニッキは苦手でしたよ、5円はお豆腐屋さんへいって
ホームランバーを良く買いました

No title

はじめまして~
dariaさんのページよりきました
たび~私も以前つくりました。
難しかったです^^;
とっても上手でずね~
驚きです♪

女将ちゃんさま

いらっしゃいませ~~♪
足袋作られたのですね~
やはり最初は難しかったですよぅ~、とくに指先
やはり数こなすと上手になるようです
それとも血なのか(笑)

ゆるゆるなことしか書いてないブログですが
また遊びに来てくださいね~~
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。