スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んでいる本

ケーブルテレビのオプションチャンネル
8月まではスターチャンネルだったのだけど、9月からWOWOWにしてみました。
あまり見ないんだけどね~~(笑)

今月の12日にテレ朝で水谷豊主演で「だましゑ歌麿」っていうスペシャルドラマが
やるんですよ

やることが決まってから楽しみにしていたんです。(内容知らないけどね)
旦那は内容を知っているのでとっても楽しみらしくって・・・
私は、歌麿ってことに反応してしまったんですけどね

映画とかでもそうなんですが、私はあれば本を先に読んで
ある程度内容を理解してから映像化されたものを見るのが好きなんです
どうしてかといいますと、映像の色とか景色とか衣装が頭に入ってきちゃって
内容やあらすじを理解するのが遅いので複雑な内容の作品だと
「なんのこっちゃ?」となるわけです。

今回の歌麿も旦那に内容を聞いてみると、なんともサスペンス劇場~なんですね~
そこで、本を引っ張り出してもらって読み始めました
だましゑ歌麿 (文春文庫)だましゑ歌麿 (文春文庫)
(2002/06)
高橋 克彦

商品詳細を見る

寝るときにしか読んでいないので、なかなか進まないのですけど
これが面白いです。
オールスターが出ている感じですよ
歌麿も北斎も鬼平さんも出てきますのです

歌麿の妻が殺されることから始まる、謎が謎を呼ぶサスペンス
お薦めですよん。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。