スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょうど今から3年前だなぁ~

今日も暖かでしたね。

超久しぶりに洋裁してました。
まずは母のズボンのお直し2本
脇をつめました。
かなり適当に縫って、ロックミシンかけて出来上がり
30分もあれば出来てしまうことを、2週間放置してましたわね(爆)

そして本日のメイン
これもお直しです。すご~く珍しいのですがお直しなんです。

今からちょうど3年前に着物コートを作ったのです。
12月にオペラ見に行くために作ったコート
一目惚れで買ってしまった、セールだったとはいえ超高級ベルベットですよ
滅多にそんな高級生地なんて買いませんが、このときは1度はあきらめ
1ヵ月後見に行って、やっぱり欲しくて買っちゃったのよね~
ベルベットとはいっても、ジョーゼットの花柄の線の部分がベルベットレースという
変わったものでしてね。
ちょいとレトロチックなところも気に入ったんですよ
2006.11.10
2006.11.24
製作過程の記事です。

薄手の記事だし透けるんで、ベルベット生地の土台にシルバーのシャンタンと重ねて作ったんですよ
そのことで透けなくなるし、裏地はつけなくて良いかな~と・・・
シャンタンが花柄だったこともあるし、裏が見えたときに綺麗かなってのもあったのね
しかしだ、強烈な静電気が発生するし寒いんですよコートなのに
それにこの頃は、このコート着るのが気恥ずかしかったのね~
結局、オペラの時に着たきりで・・・・・

なにげにクローゼットを整理していたら、それが目に付いて・・・・
やっぱりこの生地はいいな~って思ったのです。
そして、今の自分は何の躊躇もなくこのコート着るよな~って
そこで、寒さの回避と静電気の回避をするために裏地をつけることにしたんですよ
コート直し1
光って見えますが、フラッシュのおかげで、ベルベットの土台のシルバーシャンタンに反射しているのです
コート直しローズボタン
ボタンは、襟と同じベルベットの黒アンティークローズ飾りボタン
裏地ちゃん
裏地は、キュプラの黒をつけました。
裏地だけ単独で縫って、中綴じと袖口、見返しと襟ぐりのところに手縫いでつけました
解いてつけるのは、生地傷つけちゃいそうだったので・・・
裏地は柄物も考えましたが、中はシンプルなほうが表地が生きると思いましてね(家にあったともいう(笑))

裏地つけたことで、重みも加わって着た感じ落ち着くようになりました
暖かいし静電気でなくなりました。
しっかり復活したコート、今年は活躍するかな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!!

凄すぎます!年齢超えた方が着られるものもあるのねぇ。yuriさんが着ると極道の女になる着物が、私が着ると地味になるように、顔映りも着姿も違うのよね。yuriさんには、すんなり着こなせます。ステキです❤
しかし一番すごいと感心したのは、この生地に目がいく、yuriさんです。

No title

ひゃー、自作でこんなコートを作った人いるのですね。
尊敬します。裏地を付ければ暖かいし見栄えもアップ!!!!

だりあさん

うん、そうそう
今なら、目立とうがジロジロみられようが「どうだっ!」って感じで着ちゃう

この生地はね、高くてそれに縫いにくい柄が今時(当時ね)でない
三重苦で売れのこりだったのよ
でも、私は一目ぼれだったのよね~
一緒に行ったのが洋裁出来る友達だったのだけど、さすが止められた
「この生地使うアイテムがストール以外思いつかない」ってね
私は当初、透けてるのを生かして単の羽織にしようかとも思ったのだけど
買ってみて、みているうちにコートが出てきたのさ
すご~く派手っぽいんだけど、着るとそんなに派手ではないのさ(自分比ですがなにか~(笑))

kimonoさん

裏地の威力はすごいですね~~
ほんと見栄えアップしましたよ~
それに、暖かいですね~
直してよかったです

もうすぐ12月、今年来年はガッツリこのコート着たいと思います!

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。