スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町工場の底力

いつまで続くか、この咳は・・・・
少しずつですが、よくなってきた気もするが・・・

鉄鍋好きなんです。
うちには、真っ黒くろの鉄鍋がゴロゴロしてます

炊飯釜も鉄、フライパンも鉄、その他諸々
しかしだ、鉄鍋は重たいですよ

そんななか、町工場の底力が作り上げた鉄鍋がある。

川口いいものというそうですよ。

埼玉県の川口は鋳物の町
そこの鉄工所は、主にマンホールのふたを作っていたそうだ
不況の中、マンホールのふたの注文が少なくなってきたのだそうで
そして考えたのは、マンホール作りの技術を応用して作り出したのが
お鍋なのだ。

何が違うか、このなべ、薄いんですよ
薄いということは軽いんです

普通、鉄鍋だと肉厚で重い

マンホールふたは強度が必要なもの

その技術を駆使したので薄いのが出来たのだそうだ
その厚さ2mmだそうだ、そして普通は鉄を薄くすると
落下させたとき割れてしまうのだそうだが
この工場の鍋は割れないのだ



もちろん、オーブンにも使えますよ。

デザインもなかなかなものだ

この鍋、海外でも注目されつつあるのだそうだ。

頑張れ、日本の町工場!!

海外のものもよいかもしれないけど、日本の物でも
いいものはたくさんあるのです。

流行とかに踊らされないで、身近からよいものを見つける眼力も
必要かもしれないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鉄製品で鉄分補給 こんなのが台所にあると(・∀・)イイネ!!
我家は フライパンぐらいしかない~
それも焦げ付くので・・・(´Д⊂グスン

クロはちさん

うちにあるのは南部鉄なんで、重いですよ~~
ほうれん草の1.5倍?だかの鉄分が取れますです
南部鉄で作ったひじきの煮たのは美味しいですよ

No title

こんにちは~
実は埼玉県川口市の出身なのだ。
子供のころはそこかしこに鋳物工場がありました。U字型の磁石を持ち歩いて近所の工場周りの砂地で砂鉄や鉄片を集めて遊んでました。
鋳物工場も廃業される方が多くなり跡地にはマンションが建っています。

東京オリンピックの聖火台は川口でつくったんだよ。

No title

鉄鍋好きだけど、重さとの戦いだ~っておもってたら、
軽いのもあるんですね!こりゃすごい。
形もお洒落でかわいいデス。

源左衛門さん

川口のご出身ですか~
うちは親戚がいいます。

今話題の吉永小百合さん主演の
「キューポラのある街」の舞台でもありましたよね~

東京オリンピックの聖火台作ったんですか~

今でも、残ったキューポラは草の根で頑張ってますよ

だりあさん

そう、重さとの戦いです!!

でも、鉄鍋で作るひじきの煮物の味は格別ですよ

富山は、高岡は梵鐘が有名だけど
鋳物つながりでお鍋とかは作ってないのだろうか?
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。