スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての体験

昨日は、親戚のお通夜に行ってきた。

私の父の妹の旦那さんが亡くなったのですが、うちは父方の親戚とは
あまり親交がないので、実感はまったくといってよいほど涌きません
私の父が亡くなって以来会ってなかったしね~

でも、それは親戚
別に仲が悪いとか、トラブルがあったわけでもないですので
近況報告もあることだし、こんなときしか会えないので行ってきました。

そこで、初めての体験があったのだ~~

今回は、神式のお通夜・お葬式だったのだ~

会場に着くと、いつもとなんだか雰囲気が違うんですよ
少し遅れていったので、人も多くて会場内に入ることが出来ず
そしたら、旦那が「あっ、このお通夜神式だ」

旦那が神式の経験があったのでよかったですが、やっぱ戸惑いますね~

御焼香がないんですよね~~、神式ですから
仏式にしか出たことがないので、なんだか物足りなさを感じたりしちゃいました。

叔父さんの遺言だったそうです、喪主である叔母も神式は未経験であわてたそうです。

大きな斎場でのお通夜、神式は厳かな雰囲気だし
とっても静かな時間の流れので、会場に入ってないと祝詞もまったく聞こえない状態
お隣の会場の、お経が響いていましたわ

でね、気になったことがありましたね
会場の従業員さんとかの誘導の下手さ加減と、もうすこし斎場として気を使うことではないのかということが
ありましたね~

すごく気になったのは、記帳を済ませて
その記帳した紙を持って受付でお香典を渡すんですがね

そこまではよいんですよ

受付の方たちは座ったまま、まぁ、それもこの際良しとしておきましょう

受付の人は、お香典を受け取るとすぐ後ろの会計の人に渡すんですが

その受付と会計の間には、なにもないんですよ
普通パーテーションとかないですかね、会場に入る真横だったので
会計の人が、お香典袋からお金を出して金額を記帳するのとか丸見えなんですよね、来客者に
これってどうなんですかね~

私個人では、なんだか感じ悪く思ってしまいましたわ
うちの街の斎場では、こんなことありえないもんで
どこの斎場も、会計は見えないようにパーテーションなりがあるんですよね~

気にならない人は、気にならないのでしょうがね・・・・






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。