スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいお知らせですが

17日0時20分に、天@オカメインコが
遠いところへ、飛び立ちました。
最後の最後まで、彼女はがんばりました
2~3日前から、餌を食べなくなり
強制給餌に入りました。
力も入らなくなりましたが、撫でてもらうのが大好きだったので
天ちゃんと声を掛けると、一生懸命そばによってきて
掻いてと頭を下げてくれました。
なので、いつもよりたくさん撫でてあげました
逝くときは私の手の中で静かに旅立ちました。
旦那もいたので、家族に見守られて・・・
ごまめのときとはちょっと違い、かなり覚悟が出来ていたので
私の気持ちも落ち着いています。
ごまめがきっとそばまで迎えにきてくれたと思っています
天を心配してくれた皆様、ありがとうございました。
天ちゃん

天ちゃんやごまめという、オカメインコに出会えたことは
とても素敵な出会いでした。
ただ、もうオカメインコがうちに来ることはないと思います
この2羽に勝るオカメはこの先出てくることがないと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天ちゃん、残念だったね~;
大好きなyuriさんやご主人の側で 安心して逝けた・・・ような気がします。
心よりご冥福をお祈りします。

ち~さん
ありがとう。
こんな言い方はどうなのかと思うのだけど
ちょっと見てるのが辛いくらい弱っていたので
逝ったときは、「これで苦しくなくなるね」と言ったのだ。なので、私自身はすごく落ち着いているし
寂しいし悲しいけど、これは飼い主の宿命でもあるから受け止めているんだ。
本当に、天はかわいらしくて綺麗なインコだったよ。

遺憾でした!
命有るものは・・ワタシ等も含めていづれは
・・・と、思いますが・・・
寂しいですね!
ましてや、人と同様な存在って感じてました。
どうか・・yuriさん!お大事にね!

いつもyuriさんの鳥さん達に対する愛情を感じていたので、心中お察しします。
生あるものは、いつかは別れる時がくるとは思いますが、やはりそんな時は来て欲しくないと思っちゃいますもの。
力を落としすぎないでね。

ポチ子さま
私のことを心配してくださってありがとうございます。
私は、大丈夫です。上にも書いてありますが
かなり覚悟が出来ていました。
ただ、子供がいない私たち夫婦にとっては
小鳥たちは、ペット以上の存在なので泣かないと思っていても、思わず名前を呼んでしまったときに涙が出てしまいます。
でも、自分の子供とは違ってやはり鳥たちの死は、私たちが見届けないといけないのです。
苦しくても悲しくても、飼い主の義務として
最期まで、目をそむけずに看取ってあげないといけないのです。
今は、まだ心が沈むときももちろんありますが
大丈夫です。
本当に、ありがとう。

そうか…天ちゃん、天国へ旅立ったのですね。
旅立ちを見守ってあげることができて
とても良かったと思います。
今はごまめちゃんと一緒に歌っているかな。
天ちゃんのご冥福をお祈りします。
暑かったり涼しかったりで体調を崩しやすいから
yuriさんも気をつけてね。

sakaeさん
ありがとうね。
力は落としてませんよ。寂しくて悲しいだけです
今のところ、ごまめも天も私が最期まで看取ることが出来たので、良かったと思ってます。
2羽とも私の手の中で逝ってくれたことは、
悲しいことでもありますが、嬉しいことでもあるのです。
最期の2~3日の天は、とてもべたべた引っ付いてきました。自分でもわかっていたのだな~と
思います。だから、私も甘えさせました
たくさん撫でてあげました。天のおかげで
もうすぐお別れなんだという覚悟も出来ました。
本当に、うちの子たちは親孝行な鳥さまでした。

ちびたまちゃん
ありがとうね~
私は、元気ですよ~。
天は、私に覚悟をしなさいと教えながら弱っていったので、ごまめのときの突然とは違って
案外、落ち着いていれました。
きっとごまめが迎えに来たと思います。
ただ、心配なのは「天はごまめが嫌い」(笑)
ということですかね~
でも、きっと2羽でポチポチ言わせながら
歩いていると思います。
それよりも、私はちびたまちゃんのことのほうが
心配だわ~~

もう他人事ではなく、涙がこぼれます。
鳥って本当に可愛いなぁ~とつくづく思う今日この頃なので、可愛い姿が見られるなくなると思うだけで涙が・・。でも、yuriさんの愛情いっぱい感じながら天国に旅立った天ちゃんはきっと幸せだったに違いありません。

RINKOさん
ありがとうございます。
ほんと、鳥ちゃんかわいいですよね~
天ちゃんは残念なことになりましたが、必ずやってくるのですよね~、、鳥に限らず動物を飼うということは・・・
避けて通れません。でも、私はがんばって鳥さんの可愛らしさを、広めたいと思っていますよ~
それに、まだうちには3羽の鳥ちゃんがいますから鳥ママはがんばらねばね。
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。