スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングから隣の部屋へ・・・

タイトルの通り、リビングから隣の部屋はふすまになってるのだけど
夏も冬も閉めることは滅多にない!
今は、ミシン部屋のようになっている部屋なもので
綺麗な時と、布が散乱のときの差がある
何気なく目隠しが出来たらと思っていたのね~
なら、ふすま閉めればいいじゃないと思うのだけど
どうも圧迫感というか嫌なのよね~
そこで、暖簾をと思っていたのさ~
でも、ヒラヒラした布の暖簾だとうちの風通しのよさを考えると
邪魔になりそうで・・・
そこで、昔どこのおうちにもあった珠暖簾はと捜してみたのさ~
珠暖簾て、昭和40年代くらいに流行っていたのよね~
うちにもあったな~、すごく好きだったのよね~

今では、珠暖簾て贅沢なものになっていたのね~
日本製はほんと高くて庶民には手が出ません!
半ばあきらめていたら、中国製の珠暖簾見つけました~
珠暖簾

本日、着ましたので下げてみたら・・・
珠暖簾ってアジアンチックなのね~~
懐かしい感じになるかと思えば、そうでもなく
程よい部屋のアクセントになってよかったわ~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昔はよくありましたよね。
最近は、プラスチック製のビーズのれんなどが
雑貨屋さんなどにありますが、玉暖簾って確かにアジアンだわ~。

みいみさん
昔は、どこのおうちでも玉暖簾ありましたよね~
最近はプラビーズの暖簾ありますね~
かなりポップなやつが・・・
そうそう、玉暖簾を捜すとき珠暖簾で捜すと
なかなか見つからなくて「ビーズ暖簾」で探したら珠暖簾も出てきましたよ~~
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。