スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだかわかない。

昨日裄だしした着物、正絹で紬であることは確かなのだけど
なんの紬だかわからない~
光沢と軽さからいくと大島に近いけど、違うのかな~
大島だとしたら、染大島なのか?
大島かも

柄は、亀甲やら唐草なんだかと思わせる植物模様です

そして、もう一枚の着物
これは、今日は袖丈を伸ばし裄だし
これも、紬なのだけど厚手の紬です。正絹であることはたしか
光沢もあります。
柄は、こんなかんじ
わからない紬

地模様ですね~
写真だとわかりにくいのですけど、美しい光沢があります。

そして、風香さんに仕立てだしておいた着物が出来上がってきました~
コンペイトウチョコ、わりと模様が小さめなのね~
これはポリですが、けっこう上質のポリです。
八掛は、プレタだと赤紫みたいな色なのかな~
私は、黒にしました。
コンペイトウチョコ

コンペイトウチョコというタイトルが付いた着物です。
遠目だと、市松に見えますね
クリーム×こげ茶です。ほんとうに濃い目のこげ茶なので
八掛の黒とそんなにわからないくらいです。
なかなかいい感じですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

yuriさんは、もしかして地味目なお着物がお好きでしょうか?
(今日のラインナップを拝見した限りですが^^;)
コンペイトウチョコ着物、可愛いですね~
八掛が黒なんてお洒落だわ♪

洋裁も和裁も出来るyuriさんなら裄出しは簡単だと・・・。
私も裄出ししたい着物が沢山あるのですけど、
外してしまったら、二度とは元に戻らなそうなので
手を出せないでいます^^;

ひよこさん
いえいえ、本来は派手好きです。
叔母のお下がりなので、地味ですね~
ただ、年齢を考えるとあまり派手なのはね・・・
でも、好みの色は地味かな~
地味色を派手に着たい願望がありますが
なかなかそううまくは行きません。。
和裁はできないですよ、洋裁ですね私の場合は
裄だしもちゃんとした出し方は知りません。。
今回挑戦して、そんなに難しいものでもないとは
思いました。あくまでも洋裁流儀ですが・・・

やはり関東の人は紬がお好きなのねえ。
広島は割りに ちりめんや絞りが好きな人が多いです。大島は人気ですけど。

お下がりの着物があるって羨ましいですよ~。
全部自腹で購入ですから 良いモノは買えませんー。
風香さんの着物でも悩みますもの。

コンペイトウチョコ 市松のようにカドが立ってないので 似てるけど柔らかい印象ですよね。遠めに見るとまたいい感じっぽいですよ。

Mさん
そういえば、関東人は紬を着てる人多いかも
広島はちりめんとか絞りなんですか~

叔母は、水商売をしていたので着物けっこうありましたが、着れるのはごくわずかでした。
コンペイトウチョコ、実物とてもよい感じですよ~
普段着にもお洒落着にも使えます。重宝しそうです~

元々 着物文化の薄い地方なのですけど
紬は大島以外持ってない人が多いんじゃないかと思いますよ。(うちの母もです)
やはり大島だけは別格なんでしょうねー。

Mさん
大島は、こちらでも別格かもしれないですよ~
私が着付け習っていた20年前は憧れの大島でしたよ~
結城は到底手が出せませんから、大島なのか
先日も、食事行った先で着物壮年のグループの
中に、大島着ている方がいらして
つい「大島ですか?素敵ですね」とちょっと話してしまったら、そのグループで大島自慢合戦になってしまい。火の元の私は逃げました(笑)
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。