スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムッ!

一時間かけて行った大手手芸店
欲しいものが・・・なかった・・・・
2月4日に入ってくる予定と予定札があったけど
聞いたらないと・・・売り切れたのですか?と聞いたら
「わかりません」とな・・・・
まぁ、他に買うものがあったので良いのだけどさ~~
思わず、「キィー!」となりそうだった。
生地売り場では、生地売り場の店員が生地のありかをわかってないし
おばちゃん軍団が、和柄の生地を探していたのだね
それを店員に聞いたのよ、そしたら2階だって教えたのよ
2階は裏地とか糸とかのフロアなのですよ、そこの店は~
おもわず「そこの角曲がったところにたくさんありましたよ」って
教えましたわ。
大きなお世話かもと思ったけど、2階に行ってなかったでは
かわいそうな気もしたのでね。
そこのお店は、おそらく神奈川では一番大きな手芸屋だと思うのよ
重宝しているのよ、けっこう・・・
でもね、わかりにくい配置とレジの効率が悪い
そして、フロアごとの担当配置なのね店員が
だから、自分のフロアのことはわかっても店全体のことが
わかる人がいないのよ~、致命的だわ
新宿オカ○ヤは、何階の店員に聞いてもたいてい売り場を応えられる
教育がなされているのよね~
そのくらいのことして欲しいな~、そしてさ、よく改装するのだけど
改装するたびに見難い配置になるのはなぜだろうと思うのね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

たしかに オ○ダヤさんは 店員の方がよく分かってらっしゃいますね。
時々電話注文するんですけど フロアをまたがることも多々で それでも効率よく担当を替わりながら 受付てくださいますよ~。
効率の悪いお店は イライラしますけど・・・でも 多分 本人たちはてんてこ舞いなのです。

Mさん
てんてこ舞いとかではないですよ、覚えようとか
してない雰囲気ですね。
店員同士が、おしゃべりしながら生地の整理をしているし、生地の整理してるなら在り処がわかりそうなものなのに、わからないのですよ
柄の把握とかしてないのかもな~

はたして・・・
プロ意識のある店員がどれほどいるのか?
そんな優秀な人材を抱えてる店舗もどれだけあるのか?
意識があるひともないひとも同じ賃金という今の日本の労働システムでは人材は育ちにくいですよ・・・。

なんだかんだといって・・・
あたしは近所の小さな洋品店を使ってます。
店にないものは必ずカタログとかで取り寄せてくださるので・・・。
でも、ふってわいたようなステキな素材との出会い・・・はないですね、、、、残念だけど。

naoさん
うん、プロ意識のある店員は少ないかもしれないですね~
ただね~、そこの店はほんと改装するたびに
悪くなっていくのですよね~
店員というより、そのまた上の方々の意識が
ずれているのかな~?
そこのお店で、しっかりしているのはミシン売り場のおばちゃん店員たちだけですな!
いろんな会社のいろんなミシンを全部把握していて、この布にはこの針といった具合に的確に返ってくるのですよ~。特殊針のことも教えてくれたりしてね、そのプロ意識はすごいですよ
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。