スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑劇的ビフォーアフター

いす1

ここに、ひとつの椅子がある。
40年前、Su-家が食堂を始めたときに客用の椅子として購入したものだ。
当時は同じ椅子が、24本あったが今ではたった一つこの椅子しか
残っていない。
食堂をやめてからも、この椅子はSu-家をずっと見続けてきたのです。

そんな椅子も、鉄製の足は錆び、たくさんの人を支えた背もたれや座面は
クッションのやわらかさをなくし、座面裏にいたっては
木部を覆っていたビニールは破れ、なんとも無残な状態になっていました。
今では、ダスキンのお姉さんの、換気扇フィルター交換時の
踏み台代わりにしかならない椅子となる始末。
いす2


なぜか捨てられないこの椅子、家族たちはなぜか誰も「捨てる」とは言い出せないでいたのです。
せめて、もう少し綺麗にしてあげたい・・・・
そんな家族の気持ちを受け、ある匠が立ち上がりました!
「激安布の技師の異名を持つ達人、Su-家yuriである」
ダスキンのお姉さんにも喜んでもらえる椅子に再生する・・・

そして、解体作業が始まりました。
始まった直後、問題が発生してしまったのです!
お痩せさん、おデブさんなどたくさんな人々を支え、40年という
月日を絶えてきた背もたれでありましたが、着実に劣化は進んでいたのです。2本の背もたれ留めのねじが、折れてしまったのです!!!
いす3

致命的な劣化、よくよく見てみるとすべてのねじが錆び付き
今にも折れそうな状態でした。

yuriは思いました、ねじ止め位置をずらすしかない・・・・(失笑)

気を取り直したyuriの、再生のための布さがしが始まりました。
レトロな椅子を、レトロな印象をなくすことなく再生させたい・・・
そこでyuriが選んできた布は・・・
いす5

ある手芸店の片隅に、忘れ去られていたビニールコーティングされた布でした。
黄緑色の細かいチェックの中に、真っ赤に熟れたトマトがちりばめられた布・・・
どこか懐かしさを感じるその布は、この後大きな変身を遂げるのです!

なんということでしょう~
いす6

あの古びた椅子はその容姿を見事変えることが出来たのです。
錆びた足は磨かれ、チョコレート色に塗装され
背もたれの位置は少し変わりましたが、新しいクッション材も入り
座っても痛くない、そしてなんともいえないかわいらしさとなりました。
いす4

レトロチックも残したまま生まれ変わったのです。

素敵に生まれ変わったこの椅子を、Su-家の家族とダスキンのお姉さんは喜んでくれるでしょうか?

と、劇的ビフォーアフター風に書いてみました
楽しんでいただけたでしょうか?
思いっきり笑っちまってくだされ。。。。by yuri
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アハハハ~~~~~~~~~よいよい!!
お見事じゃないですか!!レトロチックで可愛い♪

私も座面の布を張り替えるよー。
我が家のは 二度張り替えた。
カーテンの見本用布で一枚100円。これで二脚分。
オイルステイン塗り塗りもタイル貼り貼りもやったよ~~ゲラゲラ~~~~~

ち~さん
楽しんでくださいました~~
書き込んでいる自分は「かるくヤバイかも」と
思いながら・・・
椅子の張替え、ち~さんもしてるのね~
私は今回が初めて。。
だって~、ダイニング8月に買うまで
うちには、パソコンデスクの椅子とこの椅子しかなかったのだもの~~ギャハハッ

すご~~~い!さすがにyri様!

やはり、こうでなきゃぁ!
ものを<愛する>ってカッコいい~~~~!

ワタシも真似しまっす!
いいもの見せていただきました!

気持良い~~~~!v-82v-63v-263

ポチ子さま
この椅子、ほんとうにボロボロだったんですよ~!
写真だとまだ綺麗に写っていますけどね~
でも、なぜか捨てられなくて?
かわいくなりましたでしょぅ~
これであと40年はもつかしら??v-207

ワタシが捨てられないモンつ~~~と・・

亡き父が書いた<電話番号簿>かなぁ~~~!もう、30年も前のことだっちゅ~に!

ポチ子さま
私はですね~、超痩せていたときのスーツ捨てられませ~ん
一度も袖を通すことなく、太ったので値札も付いたまま。。いつかはと思ってますが・・・・v-12
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。