スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お鍋の野望

私のお鍋たちへの野望は広がるばかりでありました
今回、お鍋の野望は達成いたしましたのだ。
数点を残し、普段使いのお鍋はすべて南部鉄になりましたのだ・

そもそも私と南部鉄との出会いは父が使っていた
玉子焼きフライパンが南部鉄だったことですが(後から南部鉄だと知ったのですけどね(爆)
深くかかわったのは、20歳のころ知合った岩手の友達の家に
夏休み遊びに行ったことからなのでしたわ
20歳のころは無知もいいところで、南部鉄なんてものは知らなかったのだ
べつに、鍋に興味もなかったしね~
それがなぜに興味を持ったか・・・・
友達が、盛岡の南部鉄の展示販売をしているギャラリーへ連れて行ってくれたのだ。
それが、岩鋳さん
最初は興味がなかったのだけど、見始めたらいろんなものがあって
引き込まれていったのですな
一番最初に買った南部鉄は風鈴でしたけどね(いい音だけど、ちょっとうるさい(笑))
それから、岩手に行くたびに岩鋳さんには行っていたな~
それから、年月も流れ別に買うでもなくね・・・・
それが、もう一人のお友達をきっかけに南部鉄再燃したのですな
それは、鉄のフライパンを探していたお友達に岩鋳のことを
何気に掲示板に書き込んだのですよ、書き込んだのをきっかけに
ネットで岩鋳の商品を見るようになり、なかなかよいのではないの~と
思うように、、、そんなことしているときにうちの旦那、昔から
貧血で健康診断引っかかっていたのですわ~
南部鉄は鉄分取れるし、サプリメント買うより良いかもとか思ったり
テフロン加工は、強火で使うとダイオキシンがでるとかなんとかあったりで、フライパンだけ鉄にしてみたのですよ~
そして使ってみたところですね、お肉硬くならずに焼けるし
煮魚なんぞは薄味でも、鉄分のおかげかコクが出たりするわけですよ
でだ、なんとフライパン変えた後の2回目の健康診断で
うちの旦那、貧血引っかからなかったのだ(以後貧血では正常値)
それから、すっかり南部鉄のとりこのようになり
万能鍋やら、スクエアパンやら買い足していったのですわ
そんなこんなで、つい先日オール電化に伴いご飯鍋を鉄釜に替えですね
ホーローの味噌汁用片手鍋も鉄に替えたくなりですね
味噌汁鉄鍋

とうとう、つるなしふるさと鍋(岩鋳)の小さいのを買い足したのです
これ、蓋は木製で直径16cmと小さいものですが
いつも味噌汁作りすぎるのでちょうどいいのだ(笑)
そして、勢いは止まらず・・・・
煮込み鍋欲しくなり(今までは鋳物ホーローを使っていたのだけどね)
鋳物ホーローは、引き取り手が見つかったことで
クックトップ

南部鉄物には珍しく、蒸気口がついているのが気に入り
少し小ぶりの、煮込み鍋クックトップ(及源)を買い
なおかつ、たまにひじきとか切干大根とかおからとか一気に作るときに
鍋が足りなくなっていたので(必要以上の鍋類はうちにはなかったもので(^_^;))
手頃な小さめのを探していたら
こんな3点セットを見つけちまい、もちろん買ってしまいましたよ
二人鍋

18cmのスクエア深鍋、中深鍋、浅鍋でございます。仕舞うときは
二人鍋2

こんな風に重ねられるのですわ、その名も二人鍋(及源)
なんだかんだと、お鍋が増えましたがとっても幸せ気分でございます。
鉄は確かに手間がかかるといえばかかりますが
(濡れたままにできないとか、鍋に作ったものを入れっぱなしにできないとか、重いとか)
デメリットもあるのですけど、やっぱり味が変わるとか
鉄分補給が作りながらできるとか思うとね~~
お値段も、目が飛び出るほど高いものはないですし
一生ものですから、良いかなと・・・・
それに、好きなものに囲まれてれば料理も楽しくなるのかもとか思いまして・・・(私は周りの人に、料理好きと思われているようですが実は炊事は好きではないです(^_^;))
と、かなり長くダラダラと書いてしまいました
こんな、何の役にも立たないようなこだわり(笑)を
最後まで読んでくれた方々、ありがとうございます、
お疲れ様でした~~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしも ハロゲンの頃 南部鉄のお鍋にハマったので分かります~。木のふたのお鍋をお揃いです。
なんか 美味しそうに料理が出来そうな雰囲気が好きなんですよ。
こっちに持って来てるのですけど 重すぎて使ってません。フライパンのみ使ってます。余熱が使えるので ハンバーグもふっくら焼けてお気に入りです。
重ねられるの いいね。フォルムが可愛いわぁ。

Mさん
木のふたの鍋おそろいですか(喜)
つるでない両手鍋タイプの木のふたは、南部鉄では珍しいのですよね~
そうそう、美味しそうなんですよ
ハンバーグはほんとふっくらですよね~
豚肉もふっくらやわらかく仕上がるところが好きですわ~
二人鍋良いでしょう~、ちんまり感がたまりません(笑)
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。