スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年着物はじめ

昨夜、ブログ更新したはずなのに消えているって・・・・(-_-;)
何を書いたんだっけ?あまり覚えていないけど
今週の金曜日、浅草橋にでも行こうかなとかそんな感じかな~
ネットでの材料買いって、限界があるのよね~
余計なもの買ったりしちゃうし、これから材料はできる限りネットで買わないようにしよう~

と、本日7日になってやっとこキモノ着ましたよ~~
地元の呉服屋さんに顔出しに行ったのよ~~
2軒いったのでした、1軒目は比較的新しい呉服屋さん
お手軽なものが多いのかな~?店長さんも若い感じですね
気さくといえば気さくなのだけど、ちょっと苦手なタイプかな~
もう1軒は、レトルトおばちゃんがいる呉服屋さん
ここは、もう完璧に顔を覚えられたようです。店員皆様に!
帯揚げと帯締めを買ってみました。
そして、今日はキモノを着ていきましたんで
あ~じゃない、こ~じゃないと会話も弾みましたわ~
今回は「レトルト」とは言われなかったですよ(笑)
そんな、2008年着物はじめのコーデは
紺の椿柄

紺地に椿柄の紬、帯はベージュに薄紫の独古帯
半襟はベージュのちりめん、帯揚げは、見えませんがピンク色(ハタチのときに買ったやつ)
帯締めは臙脂の丸ぐけです。
お出かけのときは、茶色に黄色いチェックの紬の羽織を着ていきました

先月、お正月は着物着る気満々だったのですべての長襦袢に半襟をつけ
着易くするために、襟に紐を縫い付けちゃったのね
長襦袢に紐つけちゃうと、これがすごく着易いのね~
衿も、崩れないし着付けも楽だし~~
全部の長襦袢に紐つけちゃうことにしよう~~

-1-
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。