スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年の初めの頃の反物

押入れを整理していたら、忘れていたものが出てきたのですが
それは、羽尺の反物
ヤフオクで落としたのよね~~
なぜに落としたのだかよく覚えていないのですが・・・
色あせがあるということで、格安で落としたのだけど
どこが色あせなのか不明なのよね~
プロがみたら色あせあるのかもしれないですけど
私にはぼかしにしか見えません(爆)
これなんですけどね
羽尺反物

実際はもう少しサーモンピンクっぽいかな
に、灰紫のお花と紫の葉柄、この花一体何の花だろう?
さすがに、反物としていつまでも温存させておくのもなんなので
仕立てに出すことにしましたのよ
そこで、地元に貢献しようかと、昨日行った呉服屋さんに聞いてみたのよ
羽織の仕立って生地持込だといくらって!!
そしたらね、そしたらですよ、そこの呉服屋さんのお仕立さん、羽織作れる人が一人しかいないので、39000円というのですよ~~
これにはびっくりしてしまいました。
おいおい、安いところなら訪問着だって仕立てられる値段だぞ~~
貢献はやめやめ~~、ということで前にお召しと木綿を仕立てていただいた方に
聞いてみることに、そしたら上の呉服屋さんの半額以下でしたよ~~
ネットの仕立て屋さんで安いところあるのですけど、羽織はちょっとこだわりがあって
乳下がりとかね、丈とか。。なので安心して任せられる方がよいので彼女に頼むことにしました。
お子さんが生まれて、何かと忙しいと思っていたので
悩んだのですけど、ぼちぼち仕立て屋再開するようなこともブログにあったので
思い切って頼んじゃいました。

幸いなことに、昨日届いた荷物の中に羽裏が入っていたのですよね~~
ラッキーでしょ~、これはサッサと仕立ててくださいということだと思いますのね(笑)
きっとこの羽織、仕立てあがったら可愛いというより色っぽい感じになるかもしれないね~
楽しみ、楽しみ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

羽織のお仕立ては羽裏込みじゃないかなあ・・・。呉服屋さんの仲介料も含んでますしね~。半額以下は安すぎるけど お仕立て代は24000円くらいって先生はおっしゃってました。
当分羽織の需要がなかったので 和裁学校でも教えなくなってたみたいですよ。だから縫える人が少ないんだそうです。

Mさん
いえ、羽裏別です。それは聞きました
やっぱり、39000円は高すぎます。
需要がないから教えないか・・・・
それもなんだかな~って思いますけどね
私が行っていた洋裁学校の和裁科はだとしたら
とても丁寧だったのですね~
おそらく、着ないかもしれない袴とかも縫ってましたよ。和裁科の友達は大変でしたよ
お金かかって(笑)
単の羽織は、私も縫わされましたもの

初めまして
何度かロムさせてもらってはいたものの、読むだけでコメント書けないでおりました。
が、羽織の仕立ての話が出ていたのですこしだけおじゃまします。
プロ育成の和裁学校や和裁所は、羽尺は仕立てられるように教えてくれています。
呉服屋さんが羽尺は外注、帯は京都、袴は専門へなどと決めているのもよくききます。
そのときの仕立屋さんによっても手の空き具合によってもなかなか受けきれないことも多いようです。

ですが・・確かに工賃39000円は高いなぁって思います。とゆうかそれがまかり通るならうらやましい世界
私の周りの相場は20000円~ですよ。
たぶんこの辺の価格が相場だと思います。本当はもう少しあげたい。
すてきなサーモンピンクの反物ですね。
すてきな仕上がりになるといいですね。
色やけがあるようには画像からは見えないです。ミミやけしてるのかな?仕立てれば縫い込みにはいりますから大丈夫ですよ。
話は変わりまして
実は私猫も好きですが、鳥も大好きでオカメインコ(♀おまめちゃん)ホワイトフェイスを飼っています。
ボンボンちゃんの記事もすごく興味津々です。なんでそんなに上手にお話が出来るのか教えてほしいです。我が家のはウグイスのように「ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ・・・」とエンドレス・・うるさいです。
また遊びに来ますね。

ともさん
はじめまして、いらっしゃいませ。
やはり39000円の工賃は高いですよね~
20000円台なら納得できたんですけどね(笑)
この反物確かに耳やけしているみたいです

猫は、私も大好きです。昔は飼っていましたよ
たくさんの猫ちゃんを
ホワイトフェイスのおかめちゃんですか~
うちにも数年前まではおかめが2羽いましたよ
ボンボンは、ミッキーマウスマーチをなぜか
「ピッピッピ」とうたいますが、それは前にいた
おかめの影響でしたよ(笑)
ボンボンのおしゃべりは、種類もあるとおもいます。
それに、常に会話形式で遊んでいますよ
なので、ボンボンは寝言も人語ですし
笑い声も人語です。
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。