スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ考える

先日、私の叔母の嫁ぎ先のおばあちゃんが亡くなった。
突然倒れて、そのまま逝ってしまったようだ
とても元気なばあさんで、私が叔母の家に行っても
どこかに旅行だの観劇だのと会えなかったことの方が多いくらい
去年、茨城土産を持っていったときは元気に洗濯していたのにな~
今日はお通夜なのですが、享年はいくつだったのだろう
95歳くらいかな~?

あまりに突然だったので、バイト先の時間変更だったり一応したりして
母も、今回は告別式には行きたいと言っているので施設に迎えに行かなくてはならないし
もしかすると、喪服の着付けを頼まれるかもしれないのだ
母方の親戚の不幸のときの喪服の着付けは、なぜだか私がやってきたのだな~~
今回は、わからないけどね
なにせ直接的な親族ではないの、叔父側の親戚でいろいろ段取りするだろうしね

でね、ふと思ったのよね~
江戸小紋は前々から欲しいと思っていたのだけど
1つ紋付きの、冠婚葬祭どちらにもいけそうな色の着物を作ろうかな~ってね
洋服だとサイズとか変ったりしたとき結局買い換えないといけないし
一生ものの礼服とかってないような気がするのよね
黒は、あせていくからね~
それなら、着物の喪服?いえいえ必要感じませんし
祖母の教えで、喪服買うならおめでたい帯とか着物を一緒に買いなさいと言われていたので
それは、ちょっと予算的に無理かなと
江戸小紋とかならどちらも0K&普段も着られないこともないし、ちょっと考えてみよう~~
それにしても、こんなことがないとこの手のことは普段忘れちゃっているのよね~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わたしもそう思って 紺の鮫小紋をやっと落札しました。7000円くらいだったかなあ。洋服よりも安い(笑)
でも 親戚でもないのに 半喪でお葬式に行くのは気がひけるので やっぱり洋服の喪服はいりますよ~~。
洋服は3年に1回は買換えないと いろんな意味で着れなくなりますけどね(--;)

Mさん
こちらでは、けっこう他人様でも着物で来ている方いるんですよ~
若い方のお葬式にはともかく、お年寄りの場合は喜ばれるそうですよ。
洋服は持ってますのですよ。
まぁ、買うとき隅々チェックして買いましたよ
かなりお高い礼服でしたけど、おかげで色あせも
型崩れもしてないので良かったですわ~
すでに、10年になります(笑)
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。