スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまたレトロ

数ヶ月前、落札そこねたものがあります。
それは、魔法瓶
知ってます?魔法瓶って
まぁ、保温ポットですよ
今時はサーモポットっとでも言うのでしょうかね?
その昔、湯沸しポットなど出る前にあった沸かしたお湯を保温しておく
魔法のような瓶だったのでしょうねぇ~
いろいろ進化して、今でも売ってますけど
いつの頃からだったか、押すとお湯が出るようになり
これが空気圧でお湯をくみ上げるもんですから、けっこう大変でしたよ
と、私が欲しいのはこの押すと出るタイプではなくて
旅館とかで良く見かけるパカッとステンレスのフタが開く
ペリカンみたいな魔法瓶なんですよね~
人気のレトロ商品なのか、わりと高値になってしまうのですよ
今回、レトログッズを専門に扱っているお店をネットで見つけ
無事に、GETしてしまいました。
魔法瓶

未使用品で、昭和46年の生産もの見たいです。
このくらいの時期の柄は、北欧柄ぽいのが特徴ですかね
鍋とかなどもミッドセンチュリーっぽいものが多かったりしますね
この魔法瓶の柄も、北欧アンティークみたいな感じに見えなくもないですね

フフフッ、これでまた1つお気に入りのものが増えました。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

魔法瓶ねえ。

国産だと「タイガー」とか「象印」とかですね。「アラジン」は外国のメーカーでしたっけ?
中がガラスで 落すと割れるんですよね(--;)←やらかした奴
でも懐かしいわぁ。
人気あるんですねえ。映画やドラマの小道具で使うのかしら。(実際使うと お湯が減るとすぐ冷めるし、大きくて重たいので使いにくいと思うんですけど そこがいいのか・笑)

人気あるみたいです

私が手に入れたのは、孔雀印でしたね
タイガーのは大きいのですよね
孔雀印は、小さくて軽いですよ
数年前にもらった最近の保温ポットの方が重いです
アラジンは外国メーカーですよね?
私は、押すタイプの方が使いにくくてダメです
それに、南部鉄器で鍛えた腕の持ち主ですから
魔法瓶くらいじゃぁ~、びくともしません(笑)
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。