スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿コマ劇場

今日は地元の友達と新宿コマ劇場へ
懸賞で当たったお芝居を観に行ってきました~
星屑の町という喜劇だな~~
現代劇なのだけど、とても懐かしい感じのお芝居です
なにせ、ムード歌謡曲満載でしたからね
内容は、売れてないムード歌謡グループが歌舞伎町のクラブのステージに立つまでの
すったもんだのお話でした。人情劇でもありましたよ
出演者は、左とん平、ラサール石井、前川清、高橋由美子、その他有名俳優さんたち
掛け合いの面白さが絶妙な内容になってました。
面白かったのが、お芝居の中で前川清が別れた奥さんの話をする場面があったのですけど
別れた奥さんは今はアメリカで活躍していて、子供は歌い手になったという台詞があったのですけど
私たちを含む上の世代の人は、誰のことを言っているのかわかるので大笑いなんですが
若い子は、知らないのでなぜにみんなが笑っているのか不思議だったらしく
戸惑ってましたね~~
富士稽古と歌だ光るのことを言っていたのですよね(あえて漢字は変えております)
そして、お芝居が終わると歌謡ショーもありました
歌謡ショー一番目に歌われた歌は、左とん平の「ヘイ!ユー」でした
友達と思わず「なつかしい~~」と笑ってしまいました
そして次は、前川清の出番です。
千秋楽の今日はなんとクールファイブも出演されていました
ほんと懐かし~~ぃ「長崎は今日も雨だった」や「うわさの女」「そして神戸」「東京砂漠」
などなど歌われました。私はこの4曲全部歌えちゃうんだな~と・・・
なんだか癒されてしまいました。

晴れたのでキモノで行ったのですが
友達はキモノをまったく着ないのですが、私がキモノで来るのを楽しみにしていたようです
そんな本日のコーデは
菱重ね

グレーとオレンジと臙脂の菱重ね柄の紬
このキモノですが、反物をヤフオクで落札したんですよ
そのとき値札が着いたままになっていたのですけど、860000円となっていたのですよね
落とした値段は4千円くらいだったかな~~
いったいなに紬なんだろう??
かなりしっかりした紬で、光沢があるんですよね
しかしですね、素晴らしく匂いがきつくって仕立てたときも
湯通ししてもらったけど、匂いが消えず・・・・
なので着られないでいたのですが、1月に丸洗いに出してみたら消えましたねほとんど
着たかった紬なのでよかったわ~

半襟は、刺繍の半襟
帯は、抽象薔薇の紬帯
帯揚げは、半襟の刺繍糸の色と帯の薔薇の中央部分の色に合わせて青みのパープルです
帯締めは不思議な帯締めです、黒ベースにいろんな色が入ってます。
これに、黒い紬の羽織を着ていきました

-8-



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。