スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山魁夷展

今日は、新聞屋さんの懸賞で当たった東山魁夷絵画展へ行ってきた
ちょっと肌寒い中、行ってきました。
東山魁夷展のやっている、東京近代美術館は初めて行きました
この美術館がある駅は、去年数日通ったのですけどね
1年も経つと、乗り換えホームとか忘れていましたわ(笑)

東山魁夷は、けっこういろんなところで観る機会があって
綺麗な青を描く人だな~と思っていたりしたのですけど
たくさんの絵は見たことなかったので、一度見てみたいと思っていたのです
画風も初期の頃と晩年の頃はだいぶ違いますが、全体を通して感じたことは
匂いを感じる絵でしたね~
朝もやの絵なら、朝もやの少しヒヤッとした鼻が冷たくなるような
澄んだ弱い風の香りのような
森だったら、木や草の露の香りのようだったりしました
そして、絵のタイトルがわかりやすいといいますか
そのものズバリのものが多かったです
今まで、絵画展はいろいろ行きましたが匂いを感じるのは初めてでしたね
案外他の方の絵は、こんな場所だったのかとか
この時はどんな気持ちで書いていたのだろうとか考えたり思ったりするのですけどね
東山魁夷の絵はそんなことはどうでも良くて、ただただその絵の中に入ってしまうような
自分がその場所にいるような感じになりました。
癒されるとはこういうことを言うのかなって感じです
個人所蔵のものも在りましたが、彼の絵を持っている人はとても癒されるのではと思いましたね
何にもない白い壁に東山魁夷の絵を飾り、たった一人きりで正面から見てみたいな~と
思いましたわ。
そうそう、東山魁夷の絵の中に「冬華」というのがありました
冬華

この絵を見たときに、私の頭の中で音楽が流れました
その曲は、先日届いた20数年前から探していたCDの中の曲でした。
その曲を流しながら、「冬華」をみたらほんとすご~く癒されそうです。
せめてポスターでも買ってくればよかったかな~~(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

東山魁夷は学生の頃から好きです。心が洗われるような絵を描く数少ない絵描きさんだと多います。
広島で魁夷展があるんで行きたいんですよね~。
リトグラフなら買えるかなあと思って聞いてみたら 100回払いで月々18000円だった(20年前。今だともっと高いかも)当時今よりもまだ貧乏だったから買えなかったなぁ・・・。今思えば買っちゃえばよかった。

Mさん

東山魁夷いいですよね~
絵は今の方が安いかもしれないですよ
リトグラフ、作品にもよりますけど
絵画展にありましたけど、そこまでのお値段はしてませんでしたよ
20年前といったら、バブルでリトグラフがすごく流行っていたころですよ
怪しい絵の勧誘があった頃ですから、
とてもぼったくり価格で売られていた時代ですよん
今の方が適正価格になっているかもしれないですよ

うちは、リトグラフすら買えませんから
アートポスターで充分です(笑)

そう言えば バブル全盛期でしたね。デパートの外商が絵を売りにモト旦那の実家にもよく来てましたし ショッピングセンターでも鈴木英人やヒロヤマガタの絵を売ってましたわ~。(同じく買おうか買うまいか悩んで買ってない)
思えば贋作やぼったくりも多かったかもですね~。買わないでよかったかも。

Mさん

うん、あの当時は買わなくて正解だったかもですよ
私の友人は、ダリのリトグラフを買わされていましたよ
小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。