スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑う!四谷怪談

行ってきました、新橋演舞場『五月大歌舞伎』夜の部
余裕を持っておうちを出たはずが・・・・

この日は、なにかと邪魔が入りましてね
まずは着物に着替えている真っ最中に宅急便が・・・・
まさか、長襦袢で出るわけにも行かないので洋服に着替えて出て
なんぞしましてね。。。
そして、早めに家を出たにもかかわらずバスが来ない・・・・
10分ほど遅れてきましてね、まぁバスはいつものことだからよいのですよ
問題は電車ですよ!
ロマンスカーの予約しといたんですよね
そしたら、私が乗るはずの電車運休になってしまいましたのよ
そんなこんなで、劇場に着いたのは開演10分前くらい
当初、お弁当買う係は私だったのですが、naoさんが先についたので頼んでしまいました(笑)

そして、いよいよ待ちに待ってました「東海道四谷怪談」の始まりです
四谷怪談って、おどろおどろしい物語なんですよね
怨念とか執念とか、それが歌舞伎になると怖さというよりけっこう笑えるのですよね~
内容は怪談とかホラー好きな私は良く知っているんですよ
なので、筋書きがと~ってもわかるもんで、細かいところを見ちゃいますよ
今回、吉右衛門さんの民谷伊右衛門だったのですよ
吉右衛門さんというと、私の場合は歌舞伎というよりテレビの鬼兵の印象が強いもので
正義の味方感が強いんですよ、なので最初、民谷伊右衛門イメージが涌かなかったのですがね
伊右衛門になった、吉右衛門さんが登場するや思わず「悪そうだな~」と思っちゃいました。
なるほど役者さん、違和感はなかったな~~
ほんと、悪い男だぁ~な~でしたよ

そして、お岩さんは福助さん
このお岩さんが可愛いのなんのって、なんともうしますか声が可愛らしいのですよ
私の感想ですよ、このお岩さんの声ってうちのボンボンみたいだな~と
なので、この時点でツボにはまってしまいましたわよ

お岩さんと宅悦との掛け合いは、そりゃ~面白かったですわ
そして、髪梳きの場面様変わりしたお岩さん、すごかった~~
おもわず「わぉ」と小さく漏れました
へんなところで、人魂も綺麗だったし(笑)
楽しみにしていた、戸板返しは「おぉ~」と思ったり
この場面でも、笑っちゃうところが在りました~
ガイコツが~~みたいな!なんだか「おしおきだべぇ~」ってな感じで楽しかったし
提灯抜けは、2階や3階でみるとかなり面白いですね
提灯からお岩さんが出てくるところは、貞子のようでしたね
このあと、お岩さんが部屋に移動するのですけどね
日本の幽霊は足がないんですよ
幽霊お岩の着物は、よく幽霊の日本画で見る裾先がすぼまっているつくりなのですよね
2階や3階の人は、それがよ~くわかるのですよね
おそらく、1階席だとわからないのかも?
おもわず、歌舞伎の怪談話は2階や3階がいろいろ見れて面白いと思っちゃったな~

なにしろ、面白かったので時間たつのが早かったですわ
内容で言ったら、とんでもなくおどろおどろしいのにさすが歌舞伎、華やかさもやっぱりあって
暗いだけではないのですよね~~
歌舞伎の怪談は、怪談嫌いな人でもバッチリ大丈夫ですね~
個人的には、番町皿屋敷なんかも面白そうですよね

当たった席も、3階の奥のはじだったのですけどね
花道も見える位置で、ばっちり全体も見られたし、後ろに座席がないので
気にすることもなく、期待以上に良い席でしたよ

強行応募してよかったですわ

して、この日はお着物でお出かけでした
私とnaoさんの晴れ女パワーで、晴天とは行きませんでしたけど
極端に暑くなかったので、袷でもちょうどいいくらいの気温でした
naoさんは、娘さんの大島を着てきたといってましたが
やっぱり着物は多少若向きを着ても違和感はないですね
と~っても可愛らしかったです
髪型とも合っていて、すごく似合ってました。

私は、月曜日に着られなかったのを帯だけ替えて行きました。
本塩沢

着る期間がすご~く短い本塩沢の袷
これ、そのうち単に仕立て替えしたいな~
夜の部だったので、帯は水色の箔帯螺鈿の花柄です。
この帯って、花だけみると絶対秋帯なんですけど
この着物にどーしても合わせたくて、柄は無視して爽やかな水色ということで合わせちゃいました。
けっこう硬めな帯のわりに締めやすい帯です
螺鈿帯

この帯は、20数年前に着付け教室行っているときに教室の展示会で買ってしまったもの
当時の年齢にしたら渋い帯だったのですよ
途中、なんでこんな帯買ったのだろうと思っていた時期があったのですけど
着物ブームが復活してから改めてこの帯を出したとき、なんて素敵な帯を買ったのだろうと
思い直した今や自分の買った帯の中でもとってもお気に入りの帯ですわ

演舞場を出たあとは近くのコーヒー屋さんでちょっとだけ休憩
6月の予定をたてて、解散しました。
来月は、目黒雅叙園とシネマ歌舞伎でございます。
これもと~っても楽しみだわ~

-13-



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しかったですね♪

お誘いいただきまして、本当にありがとうございました!
すっごく、すっごく楽しかったです(^^♪
招待券といえども・・・十分すぎるほど満喫いたしました^!
本当にわかりやすい周知のお話だっただけに、細かなところまでつっこみどころがあって面白かったですね。
また来月も遊びましょう~♪

naoさん

こちらこそ、かなり突然のお誘いしてしまって
それに、思わずギリギリになりまして<m(__)m>

ほんと突込みどころ満載なところがとっても楽しかったですね
これぞ歌舞伎の醍醐味なのかな~と思ったり

来月もよろしくお願いします。。

お岩さま

福助のお岩様は良かったですか~?
勘三郎のお岩様は見てますが・・・・福助さんはどうなの?と今から心配してます(笑)
四谷怪談って単なる怪談じゃないんですよね。
人間の弱さ・色・欲が入り混じって、江戸時代ならではのどうしようもなさが描かれていると思います~
そんな男、吉右衛門さんならではの伊右衛門を早く見てみたいです。

CORO助さま

福助さんのお岩さん、良かったですよ~
可愛らしかったです。。
他の人のは見たことがないので比べようがないのですけど
怖さとか、怨みによる迫力はといわれると、う~ん?かな
怖いというよりはやっぱり楽しい面白いでした

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。