スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルーン袖の作り方1型紙編

バルーン袖を作ってみたいというコメントがありましたので
作り方を紹介したいと思います。
千鳥のチュニック2

1/4サイズでの説明ですので、見難いかもしれませんがお許しを

型紙編
こんな袖の型紙があったとします。
袖原型

ひじのライン(E.L)から5cm(任意サイズ)ところに水平に線を引きます
これが切り替え線になります。
袖口寸法は、22cmくらい~25cmくらいです(手が余裕で通る長さです)
袖原型2

①袖口から5cm(任意サイズ)下がったところに水平に線の引きます
②切り替え線の前後袖下を、垂直に袖口5cmの下の線まで線を引きます(以下袖口線)
③袖下線から外側に2cmのところに印をつけ、切り替え線と斜めにつなぎます。
袖原型3
*袖口からの下がり寸法を5cmより短くすると、ボリュームが少し上へ移動します。
丸みが欲しいときは、もう少し短くすると丸みが出ると思います。

ここまでで、袖の型紙は上袖と下袖内側、下袖外側の3種類に分割されました。
袖原型4

次に、下袖外側にギャザー分を入れていきます。

肩山ラインを境に後ろ側を2等分、前側を2等分したところに線を垂直に降ろしカットします。
袖原型5

袖口部分だけ、肩山ラインから両脇側に2cmずつ図のように開きます。
次に、前後の等分線のところを図のように4cmずつ開きます。
袖原型6
*切り開き寸法は任意です。もっとボリュームが欲しい人は
もう少し開いても良いと思います。

袖口と上袖付けの線を綺麗に書き直し型紙の完成です。
袖原型7

この型紙に縫い代をつけて布を裁断してください。

次は縫い方です。


ブログランキングに参加しています
順番にポチッとお願いします。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

小喜樂工房カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。